【セミナー告知】12月11日~国連マッピング報告書から10年~コンゴにおける重大な人権侵害の終焉を目指すQ&Aセミナー



NPO法人RITA-Congoは、12月11日(金)に下記概要にてセミナーを開催します。


2016年に「コンゴの紛争資源問題からとらえるビジネスと人権」研究プロジェクトおよびシリーズセミナーを開始して4年が経ち、日本でのセミナーは13回を数えます。

本年9月には、コンゴと日本をはじめとする世界各地をオンラインでつなぎ、現地の声をお届けしました。

今回のセミナーでは、これまでのセミナーを通じて参加者が抱いた質問にじっくりと向き合うことを通じて、コンゴにおける深刻な人権侵害に関する理解を深めます。

登壇者の講演はYouTubeにて事前に配信し、セミナー当日は参加者との質疑応答によって進行する形式を取ります。

新しい形のセミナーですが、ぜひ積極的に参加いただければ幸いです。



1.日時:2020年12月11日(金)19:00~20:30


2.形式:YouTube動画配信&Zoomウェビナー

※事前にRITA-CongoのYouTubeにて講演動画を配信し、質問を受け付ける。

 セミナー当日は、質問にパネリストが回答する形式で進行する。


RITA-CongoのYoutube動画はこちらからご覧ください。

https://youtube.com/channel/UCJJ46OHZgNUYA6Ki1ez-1FQ


3.参加方法:こちらより登録ください。https://forms.gle/tVPnbVu6TzamgXV68


4.言語:日本語


5.目的

国連マッピング報告書の背景にある「ジェノサイドの政治力学(genocide politics)」及びコンゴとルワンダにおける不処罰・正義問題に関する理解を深める。特に本セミナーでは、参加者との質疑応答を通じて、マッピング報告書の内容を深く理解し、同報告書推奨案の実現を阻害している要因を特定し、推奨が実行されるための方策を探る。


6.配信動画

RITA-CongoのYoutube動画はこちら

https://youtube.com/channel/UCJJ46OHZgNUYA6Ki1ez-1FQ


①9月28日セミナーの録画(75分)

②国連マッピングレポートの概要:馬島亜蘭(RITA-Congoユース/明治学院大学学生)(15分)

③コロナ禍でのコンゴ東部の状況:ジャン-クロード・マスワナ(立命館大学教授)(15分)

④コンゴ紛争の概要と紛争資源問題:華井和代(RITA-Congo共同代表/東京大学講師)(15分)


7.登壇者

・パネリスト(質問回答者)

  ジャン-クロード・マスワナ(立命館大学教授)※通訳あり

  米川正子(RITA-Congo共同代表/筑波学院大学准教授)

  馬島亜蘭(RITA-Congoユース/明治学院大学学生)

・モデレーター

  華井和代(RITA-Congo共同代表/東京大学講師)


8.主催

・NPO法人RITA-Congo

・東京大学未来ビジョン研究センター 三菱財団助成研究「コンゴの紛争資源問題と性暴力に対する先進国の責任」