top of page

【イベント実施報告】第7回RITA-Congoオンラインサロン|コンゴ紛争⻑期化の要因分析(米川共同代表の最新の研究成果発表)

2024年3月16日に開催した「第7回RITA-Congoオンラインサロン|コンゴ紛争⻑期化の要因分析(米川共同代表の最新の研究成果発表)」の報告書を公開いたします。


今回は、米川共同代表が2023年11月に博士論文として完成させた研究の内容を発表しました。


「なぜ、コンゴの紛争は1996年に発生してから27年も続いているのか。」


この問いに対して、米川の博士論文では主要な紛争介入者が、特に人の移動、難民キャンプ、和平プロセスという3つの長期化要因変数を操作しながら、なぜ、どのように紛争を維持・長期化させたのかを分析しました。


発表後、参加者を交えて活発な質疑応答がなされ、非常に有意義な会となりました。今回セミナーに参加いただいたみなさま、本当にありがとうございました。


今後もこのような会を催していく予定ですので、今回ご参加いただいたみなさまも、興味はあったものの参加できなかったというみなさまも、ぜひご参加いただけると嬉しく思います。

なお、動画は会員限定で公開いたします。


■報告書

以下よりご査収ください。


Online salon report 7
.pdf
ダウンロード:PDF • 365KB

Comments


bottom of page