国連工業開発機関(UNIDO)コンゴ東部支援事業の式典が行われました

10月13日にコンゴ東部ブカヴにて、UNIDOおよびパンジ病院のプロジェクト担当者、コンゴ政府からは南キヴ州知事代理、州の産業、農業、ジェンダー担当、ブカヴ市長、日本政府からは在コンゴ民主共和国日本大使などの本事業関係者が出席する公式な式典が開催されました。日本からはRITA-Congoの華井共同代表がオンラインにて、東京大学の小原聡特任准教授と菊池康紀准教授がビデオ録画にて祝辞を述べました。


式典の後半では現地の関係者を中心とする意見交換が行われました。パンジ病院の一角で女性たちがサトウキビを原料としてアルコール消毒剤を作り、病院で利用すると同時に市場でも販売する事業に向けて、現地での期待感の高さがうかがえる機会となりました。

事業の実施状況をRITA-Congoからも日本のみなさまにお伝えしていきますので、ぜひご注目ください。


UNIDOによるコンゴ東部支援事業については

こちらをご覧ください

会場の参加者

華井共同代表のオンラインでの祝辞


※写真提供:UNIDO石川明美氏