米川共同代表による解説「RITA-Congo Briefing Paper No.3 世界難民の日に考える:なぜコンゴ難民・国内避難民数が多いのか」

コンゴの紛争と重大な人権侵害にまつわる状況をRITA-Congoの米川共同代表が解説する「RITA-Congo Briefing Paper」シリーズの第3号となっております。


(第1号はこちらから: https://www.rita-congo.org/single-post/rita-congo-briefing-paper-no-1

 第2号はこちらから: https://www.rita-congo.org/single-post/rita-congo-briefing-paper-no-2


第3号は『世界難民の日に考える:なぜコンゴ難民・国内避難民数が多いのか』です。

会員限定コンテンツですので、ぜひこの機会にRITA-Congoに入会いただき、ご購読ください。


RITA-Congo Briefing Paper No.3 世界難民の日に考える:なぜコンゴ難民・国内避難民数が多いのか

2020 年末時点で、紛争、迫害、暴力、人権侵害などにより国内外に避難した人の数は、コロナの パンデミックにもかかわらず、8,240 万人近くにまで増加し、戦後最大規模とのことです。実はこの 10 年間、難民数が増加する一方で、毎度の発表の際に「戦後最大規模」と強調するのが恒例化して きました。異常事態です。しかし今月中旬に開催された G7 サミットでは、強制移動について議論され ませんでした。...


<全文はこちら>

(会員限定:パスワードはNo.1,2と共通です)

RITA-Congo_Briefing Paper_No
.3 June 2021
Download 3 JUNE 2021 • 582KB