米川共同代表による解説「RITA-Congo Briefing Paper No.6 米軍による対テロ戦争とコンゴの『テロ組織』」

コンゴの紛争と重大な人権侵害にまつわる状況をRITA-Congoの米川共同代表が解説する「RITA-Congo Briefing Paper」シリーズの第6号となっております。



【過去の投稿】

第1号


第2号


第3号


第4号


第5号


第6号は「米軍による対テロ戦争とコンゴの『テロ組織』」です。


会員限定コンテンツですので、ぜひこの機会にRITA-Congoに入会いただき、ご購読ください。



RITA-Congo Briefing Paper No.6 米軍による対テロ戦争とコンゴの「テロ組織」

現在、米軍による対テロ戦争が再び注目されています。米国領土で起きた同国最悪のテロ事件であ る「9・11」から 20 年が経過したこと、また 9・11 直後に、米国が軍事介入したアフガニスタンにおい て米軍撤退直前の今年 8 月 15 日、タリバンが首都カブールを制圧し、「テロ」政権を樹立したこと で、米軍介入の意義が問われています。...


<全文はこちら>


RITA-Congo_Briefing Paper_No._6Sep 15
.pdf
Download PDF • 563KB




(会員限定:パスワードは過去の投稿と共通です) 会員登録はこちら