米川共同代表による解説「RITA-Congo Briefing Paper No.12 1996 年のコンゴ侵攻と 2022 年のウクライナ侵攻:共通の軍事作戦」

2022年4月5日

コンゴの紛争と重大な人権侵害にまつわる状況をRITA-Congoの米川共同代表が解説する「RITA-Congo Briefing Paper」シリーズの第12号となっております。


【過去の投稿】

第1号

第2号

第3号

第4号

第5号

第6号

第7号

第8号

第9号

第10号

第11号


第12号は「1996 年のコンゴ侵攻と 2022 年のウクライナ侵攻:共通の軍事作戦」です。

会員限定コンテンツですので、ぜひこの機会にRITA-Congoに入会いただき、ご購読ください。


RITA-Congo Briefing Paper No.12

「1996 年のコンゴ侵攻と 2022 年のウクライナ侵攻:共通の軍事作戦」

ロシアによるウクライナ軍事侵攻から 1 ヶ月以上経ちました。その侵攻に関する情報を収集する過程

で、コンゴ紛争との共通点がいくつか見られます。ここでは、戦争を仕掛ける側が、時おり軍事戦略と

して重要なインフラを占拠したり、また常に「自国防衛」「安全保障」「自国民や同胞の擁護」という

理由(口実)や偽旗作戦を使用したりする点を説明したいと思います(偽旗作戦とは、敵が攻撃し

たかのように見せかけて、実は自分(達)が軍事作戦を計画・実施したという自作自演)。...


<全文はこちら>

RITA-Congo_Briefing Paper_No.12_Mar31
.pdf
Download PDF • 735KB

(会員限定:パスワードは過去の投稿と共通です) 会員登録はこちら